ベビづれ海外赴任ブログ

30代1児のママ。旦那は海外赴任中のため実家に帰省中。産後の美容と体型に悩み。poco a poco(少しずつ)ベビーと毎日がんばります。

【退院しました】すっごく助かる!授乳クッション|これ選んで正解!

 入院して7日目の朝となる日曜日の朝、

無事退院できました〜〜♬

 f:id:pocoapocolog:20180122182642j:image

旦那と私、双方の両親、ベビーの7人(大勢!)

で、受付前に撮った写真です。

みんな嬉しそうな感じ。

 

さてさて!

早速自宅に帰って、みんなで祝杯⭐︎

 

まずは、試してみたかった授乳クッション「ハグフリー」

赤ちゃんが普段いる場所って、抱っこする以外だと、

布団(ベッド)か、ベビーラックバウンサーですよね。

うちは、布団は購入しましたが、

ベビーラックやバウンサーは購入しませんでした。

うちは部屋が狭いので・・・

 

この「ハグフリー」にベビーを置くことで

ベビーを鑑賞しながら笑、談話することができました。

布団やベビーベッドで寝かせた状態だと、

赤ちゃんの表情がイマイチ見えませんが、

「ハグフリー」なら、ママやパパの近くでバッチリ見ることができます♡

 

授乳クッション「ハグフリー」

授乳クッション(授乳まくら)というと、

こういう▼

f:id:pocoapocolog:20180122184342p:plain

ママの抱き枕と兼用になっているものが主流。

私も、妊娠時はお腹の重みで寝苦しく、

抱き枕あった方が楽かな〜と思って、こういうタイプを買おうかと思ったんですが、

「ハグフリー」を見た瞬間、

こっちの方が良さそう!!って感じて、購入を決めたんです。

どの点に魅力を感じたのか・・・紹介いたしますね。

 

リビングでのベビー指定席に

赤ちゃんは寝室では布団やベッドで寝ることになりますが、

日中はどこにいたら良いのか、

想像したことありますか?

赤ちゃんはほぼ1日寝ていたとしても、

ママも同じように1日中布団やベッドの中、ってわけにはいきませんよね。

日中は、洗濯物をしたり料理をしたり、本を読んだり・・・

色々なことをしなくてはいけないのですが、

赤ちゃんはずっと寝室に置きっ放し、というわけにはいきません。

だからこそ、ベビーラックバウンサーというアイテムがあるんですが、

これら、まずお値段が高いです!

数ヶ月しか使わないものに、こんなにお金かけるのも勿体無い!

と私は感じてしまいます。

レンタルで安く済ますという手もありますが、

うちはそもそも部屋は狭いので、

ベビーラックやバウンサーを置くスペースを確保することが難しかったので、

「昼間の赤ちゃんスペース、どうしようかなあ・・・」

と悩んでいたところでした。

 

この「ハグフリー」は、もともと授乳用クッションなんですが、

昼間の赤ちゃん指定席としても使える優秀グッズだったんです♡

しかも、そのまま寝てしまっても大丈夫!

こんなふうに、毛布をさっとかけるだけ▼

f:id:pocoapocolog:20180122113010j:image

しかも・・・よほど気持ちいいのか、

お布団よりも、こっちの方が寝つきがいいです。

これ、自然と背中が「Cカーブ」になる作りで、

ママの胎内にいた頃の姿勢が意図にあるそう。

それで!これだけ寝つきがいいんだ〜と納得です。

うちのベビーは、お布団よりも、この「ハグフリー」の方がぐっすりです笑

 

ベルトがついているので安心

f:id:pocoapocolog:20180122182902j:image

 「ハグフリー」には、このような股ベルトが付いてます。

スナップボタンで、パチパチとめるだけ。

これで、熟睡した赤ちゃんがずり落ちることもありません。

 

 

頭の部分が高いから腕の負担が楽に!

f:id:pocoapocolog:20180122184410p:plain

そして、「授乳クッション」としての機能です。

普通の授乳まくら(授乳クッション)だと、厚みが足らずに、

頭側のところにタオルなどを敷いて、

高さ調節をしないと、腕の力だけで赤ちゃんの重みを支えなくては

いけなくなります。

赤ちゃんの上半身なんて、大したことないと侮ると、後悔します。

授乳って、30〜40分を2〜3時間おきにしますし、

なかなか寝付いてくれない場合は、さらに抱っこの時間がプラスされるので、

1日のうちの半分を授乳か抱っこに費やすといっても過言ではないからです。

なので、できるだけ楽な授乳姿勢を保つためには

「ハグフリー」のように頭の部分が高い設計になっている

授乳クッションがオススメです、

 

フットボール抱きもしやすい

フットボール抱き」とは、こういう授乳姿勢のこと▼f:id:pocoapocolog:20180122184429j:plain

私も、この姿勢で授乳しています。

日本ではそれほどメジャーではないですが、

海外ではこのように、

赤ちゃんを片腕で抱え込む姿勢で授乳することも多いです。

この授乳姿勢、胸がおおきめのママにはオススメと助産師さんから教わりました。

私の場合、普通の授乳姿勢だと、

ベビーの鼻が自分の胸で塞がれてしまうんですよね・・・

同じような悩みの方、一度「フットボール抱き」で試してみてください。

この抱き方も、頭の高さがちょうどよくフィットします。

 

まとめ

この「ハグフリー」、 6,998円(税込)で購入できます。

「授乳まくら」としては少し高いですが

(ドーナツ型のやつは3,000円くらいでも売ってますし)

この機能性を考えると、かなりお買い得かと思います!

正直、これがあれば、

何万円もするベビーベットもバウンサーも要らないと思います。

こちらで購入できました♡

ハグフリー(アカチャンホンポ)

ハグフリー(amazon)